「職員紹介VOL10」社会医療法人三宝会 ケアチーム・介護 看護師

2020年9月14日
◆ 社会医療法人三宝会 ケアチーム・介護 看護師  市本さん
2018年4月 南港病院入職
2020年7月 グループホーム南加賀屋のつるさんかめさんの家へ異動

★今の職種を目指したきっかけは?

「人の役に立ちたい」と思い、患者さまの1番近くにいることができるのは看護師という職種だと考えたからです。



★現在の仕事の内容ややりがいを教えてください。

現在の施設での仕事内容は、各フロアの入居者さまの状態の把握をして、看護師として入居者さまへの対応(傷の処置や浣腸などの排便コントロール)をする事が主な仕事です。また、病院との連携部分・週2回の往診対応をしています。やりがいは、入居者さまのことに関して色々な方と連携をしながら相談が出来る事です。都度その方に合った対応が出来ています。何よりも看護師が常駐をしているという事で、安心して入居者さまに日々を過ごしてもらえる事です。



★今後の目標を教えてください。

★「ユマニチュードを広める事★

学習する姿勢を崩さずユマニチュードを広めていきたいです。看護師としての知識・経験も積んでいきたいと思います。
※ユマニチュードとは 南港病院グループでの取り組みの一つ。「見る」「話す」「触れる」「立つ」という人間の持つ特性に働きかけ・ケアを行う人は常に「あなたは大切な存在です」「あなたのことを大切に思っています」という発信をし続けるケア技術です。



★座右の銘はありますか?

★七転八起、一歩ずつ★

私自身不器用で口下手で人見知りのため、何度も壁にぶつかったり、人より何倍も時間がかかります。焦って物事に取り組むと失敗をし、一番迷惑を受けるのは患者さま・入居者さまです。皆さんからサポートを頂きながら、一歩ずつ進んでいます。結果的に患者さま、入居者さまが笑顔で過ごせるように援助が出来たらと思います。


~ 一番大事な事は入居者さまが穏やかに・笑顔で日々を過ごす事 ~ 市本Ns

ユマニチュードのケア技術を広めるためにグループホーム・南加賀屋のつるさんかめさんの家へ異動をしました。人に伝えていく難しさに日々戸惑いながらも、「 伝えるのにどうしたら良いかな? 」と日々工夫をしながら進めています。 私自身 不十分なところは沢山ありますが、“ まずは、行動をしていこう!”と、思っています。経験を積み言葉でしっかりと伝えていけるよう努力します。

一番大事な事は入居者さまが穏やかに・笑顔で日々をすごす事だと思うので、他のスタッフの方々や必要時に病院と連携をしながら「病院と施設の架け橋」となれるように対応をしていきたいと思います。 入居者さまに寄り添いながら仕事をしていきたいです!

1日のスケジュール


一覧へ戻る