社会医療法人 三宝会 南港病院

06-6685-8801

大阪市住之江区北加賀屋2-11-15

9:00~12:30 / 16:00~19:00

9:00~12:30 / 16:00~19:00
看護部

看護部

看護部門

看護部の方針|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

看護部の理念

優しさと思いやりのある心で、すべての人に笑顔を。

基本方針

  1. 患者様の人権、権利を尊重します。
  2. 事故の無い安全な看護を提供します。
  3. キャリアアップを図り看護サービスの向上に努めます。
  4. 他部門と協働し、患者様を中心とするチーム医療を推進します。
  5. 地域のニーズに応えられる看護を提供します。
  6. 組織の一員として、積極的に経営に参画します。
看護部の基本方針について|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

看護部長 挨拶

南港病院 副院長 兼 看護・介護統括部長 西村秀行|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

患者様もスタッフも笑顔になれるように
南港病院看護部は、「優しさと思いやりのある心で、すべての人に笑顔を」を理念に患者様、ご家族、スタッフも笑顔になれる看護・介護が実践できるように努力しています。
高齢化が進む中、医療の現場は、病院から在宅へとシフトしてきています。地域の方々の「住み慣れた町で、自由に暮らせる自宅で」と言う思いを叶え自宅で安心して生活できる環境を整えていくことが私たちの使命として地域とのつながりを強くしていこうと思っています。
南港病院看護・介護部は、地域の方々を大切に笑顔があふれ心温まる看護・介護で患者様もスタッフも笑顔になれるように努力していきます。 南港病院 副院長 兼
看護・介護統括部長
認定看護管理者
西村秀行

南港病院 副院長 兼 看護・介護統括部長 西村秀行|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

看護部が目指すもの

看護部が目指す看護や介護のトータルサポート|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院
 看護部教育方針についてはこちら|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

外来・手術室

初診・通院・救急・手術・往診・訪問診療・クリニックの患者様への対応を行なっています

南港病院 外来手術室 外来師長の村長|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院 外来師長 村長夕子 いつも優しく、笑顔で患者様と向き合い、
地域住民から信頼される質の高い看護を提供します。

当院は二次救急指定病院(※)です。 外来では住之江区を中心とした二次救急を受け入れ、原則として1年365日24時間休むことなく丁寧な診療ができる体制を維持しています。
外来各部署がその特徴を活かしながら役割を分担し、
・けがの初期治療や慢性疾患の看護
・救急医療による専門的な治療・手術・入院治療・各種検査・健康相談
・入退院の支援 など

を行い、地域連携室と共に切れ目のない医療・患者様に寄り添う看護を提供し、患者様にとっての身近な病院・看護を目指しています。

また、急性期(病気の初期)の治療が終了し、病状が安定した後の在宅・訪問看護と一人ひとりにあった幅広く専門的な看護も大切に行い、 地域と外来、外来と病棟との継続看護の要としての役割を担っています。
在宅医療では身体的・精神面を考慮した看護や、患者様のニーズにお応えし安心して生活できるよう支援しています。

勤務する看護師は皆で協力しあい、ワークライフミックス、つまり家事や子育てもこなしつつ勤務が出来る環境をうまく利用し、 仕事と生活の調和を取りながら「常に笑顔で」患者様と向き合い、質の高い看護・安らぎのある看護に取り組んでいます。

外来・手術室 スタッフ集合写真|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院
  • ※二次救急とは、「入院治療を必要とする患者」に対応する機関のことです。24時間体制で救急患者の受け入れが可能で、「手術治療を含めた入院治療を提供できる設備が整っていること」 「救急医療の知識と経験が豊富な医師が常に従事していること」「救急患者のための専用病床が整備されていること」などの条件を満たしている病院が指定されています。

一般病棟

主に緊急入院を要する患者様を24時間体制で受け入れています

南港病院 一般病棟 師長 高山きよみ|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院 一般病棟師長 高山きよみ 笑顔とチーム力で、患者様・ご家族様の気持ちに
寄り添った看護に邁進しています。

当病棟では、夜間・休日を問わず24時間、緊急入院を受け入れています。
主な疾患は骨折、肺炎、脳血管障害などで、高齢者の方が多く、周術期からリハビリテーション、摂食・嚥下と看護の内容は多岐にわたります。
入院後は、早期から退院後の生活を見据えて多職種と連携、その人らしい生活を支援できるようにチームで取り組んでいます。

看護方式は固定チームナーシングを導入し、リーダーを中心にチームで協力して、質の高い看護を提供できるように取り組んでいます。

また、当院は積極的に外国人スタッフの受け入れを行っており、複数の中国人看護師も在職・活躍しています。

子育て中のママさん看護師、看護師として歩み始めたばかりのビギナー看護師、経験ウン十年のベテラン看護師、人生経験豊富なお姉さん看護師(笑)など幅広い年齢、 経験層の看護師が集まり、忙しくても笑顔を絶やさず、和気あいあいと看護を展開しています。

一般病棟 スタッフ集合写真|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

地域包括ケア病棟

在宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行う病棟です。

南港病院 地域包括ケア病棟 師長 永見香織|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院 地域包括ケア病棟
師長 永見 香織
住み慣れた場所へ安心してお戻りいただけるように。
地域と連携しながら復帰支援を行なっています。

2017年6月に、療養病棟から地域包活ケア病棟へ転換となった新しい病棟です。
患者様が安心して退院し、住み慣れたご自宅や介護施設に笑顔でお戻りになれるよう心掛け、医療・介護の両面から退院後のケアサポートを行っています。
また、超高齢化社会が進む近年の状況を踏まえ、地域・他種職との連携を充実し、密なコミュニケーションによる現状把握や素早い対応に努めています。
病棟では看護の質向上を意識して、スタッフ全員が患者様の想いに添えるよう、風通しがよくなんでも相談でき、やりがいをもてる職場環境作りに取り組んでいます。

看護部の理念でもある「優しさと思いやりのある心ですべての人に笑顔を」の精神を大切にして、様々なニーズをくみとり応じることができるような、地域包活ケア病棟を目指したいと思います。

地域包括ケア スタッフ集合写真|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院

回復期リハビリテーション病棟

在宅復帰・社会復帰を目指す患者様に、最適なリハビリテーションプログラムを提供します。

南港病院 回復期リハビリテーション病棟師長 佐原 弘美|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院 回復期リハビリテーション病棟
師長 佐原 弘美
患者様の目標に応じたリハビリ計画を他職種共同で作成、
一日も早い復帰を笑顔で支援します。

骨折や脳疾患などで治療を受けられている患者様で、回復期のリハビリテーションが必要な方のための病棟です。
日常生活動作(ADL)の向上、寝たきり防止、在宅復帰、社会復帰など、患者様それぞれの目標に応じた 最適なリハビリテーションプログラムを各職種のスタッフが共同で作成。日曜・祝日を含め365日体制で充実のリハビリテーションを提供しています。

患者様の笑顔を大切に、チームでリハビリテーションに取り組み、早期の目標達成を目指していつも笑顔で支援します。

回復期リハビリテーション スタッフ集合写真|大阪市住之江区北加賀屋 社会医療法人三宝会 南港病院