社会医療法人 三宝会 南港病院

06-6685-8801

大阪市住之江区北加賀屋2-11-15

9:00~12:30 / 16:00~19:00

9:00~12:30 / 16:00~19:00
リハビリテーション科

リハビリテーション科

急性期・回復期・維持期、更に退院後の在宅及び外来フォローに至るまで、一貫してサポートしています。

基本方針

  • 急性期・回復期・維持期、更に退院後の在宅及び外来フォローに至るまで、幅広くリハビリテーションを展開していき患者様の信頼を得る。
  • 早期離床を目的に早期から機能訓練を展開する。
  • 患者様のニーズを重視して目標設定を行い、QOL(※)の向上にも努める。
  • 安全管理を徹底する。
  • ※QOL(Quality of Lifeクオリティオブライフ)とは、「生活の質」・「命の質」などと訳されています。物理的な豊かさやサービスの量、個々の身辺自立だけでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念です。私たちは、常に患者様のQOLを重視し治療を進めています。
リハビリテーション

私たちリハビリテーション科は、急性期(怪我、術後、病気になってから間もない時期)から回復期(日常生活動作の向上、社会復帰を目指す時期)、維持期にわたり一貫してサポートを行っています。

また、入院から退院された後も、外来でのリハビリアプローチを継続して行っていただけます。
それ以外に、通院困難な方でも当院の訪問看護ステーションから看護師と当院リハビリテーション科の療法士がご自宅までお伺いさせて頂き、患者様のご自宅での生活に沿って日常生活に必要な動作練習等、可能な限りサポートしています。

更に、隣接する南港クリニック通所リハビリテーションへは、送迎付きで通っていただくことが可能で、介護保険プランでのリハビリテーションを受けることも可能です。 介護保険プランでのご利用詳細は、いつでもお気軽にお問合せください。

各療法のご紹介

理学療法
(PT/Physical Therapy)

理学療法とは、けが、障がい、高齢などの理由で運動機能が低下した状態の患者様に、運動機能の維持・改善を目的として治療体操などの運動や、電気・水・温熱・光線などの物理的手段を用いた刺激を与えることで回復させる治療法のことです。
状況によって人それぞれですが、多くの場合、まずは、寝返り・起き上がり・立ち上がり・座る・歩くなどの基本的動作にアプローチすることから始めます。

作業療法
(OT/Occupational Therapy)

作業療法とは、本人が望む生活ができるようにしていく治療や援助のことです。
作業療法はリハビリテーション医療の一分野で、身体機能の治療のみではなく、食事や着替えなど障がいのある方の生活の訓練や、仕事や学校など社会参加のための訓練、また、精神・心理面へのアプローチも行います。
対象分野は身体、精神、発達、老年期と幅広いことが特徴ですが、就職は1分野の専門家として、他の分野で学んだことも活かしながら活躍することが一般的です。

言語聴覚療法
(ST/ Speech Therapy)

様々な理由により、話しにくさがある、言葉がうまく出来てない等の言葉の障害のある方や食べ物や飲み物が食べにくい、飲み込みにくい、よく咽(む)せるといった嚥下障害のある方にアプローチを行い、 人と関わる楽しさ、食べる楽しさを再獲得して頂き、その人らしい生活が送れるよう支援や助言を行います。

当院では病棟看護師や管理栄養士と連携し、NSTにもSTが参加する事で、より多角的な『お食事』へのアプローチを行っています。

平成30年度より言語聴覚療法
※ご利用者様のお子様対象

平成30年度より姉妹施設の放課後等デイサービスにおいて、当院言語聴覚士が病院と兼務で、等デイサービスをご利用されているお子様に対して言語聴覚療法を行っております。

施設基準・スタッフについて

施設基準

  • 脳血管等リハビリテーション料 Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション料  Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料  Ⅰ
  • 廃用症候群のリハビリテーション料 Ⅱ

リハビリテーションスタッフ

  • 理学療法士 25名(非常勤含む)
  • 作業療法士  4名
  • 言語聴覚士  2名
  • 医療秘書   4名

地域医療連携室
(病診連携よろず相談室)

南港病院ロゴ

お電話・FAXでのお問合せは
06-6685-8801 06-6685-8684

受付時間
月曜日~金曜日 9:00~17:00
土曜日 9:00~12:00

休診日 土曜日(午後)、日曜日、祝日