「職員紹介VOL7」南港病院 回復期リハビリテーション病棟 スタッフナース

2020年3月30日
◆ 南港病院 回復期リハビリテーション病棟 看護師 土生さん
2018年7月 南港病院入職

★入職を決めたきっかけは?

前の職種でも看護職を行っていたため、今回も新しい場所で看護に携わりたいと思っていたため看護職を希望しました。住之江区出身なので地域密着型の病院というところに惹かれて南港病院を選ばせて頂きました。



★現在の仕事の内容ややりがいを教えてください。

病棟の患者さま全てにプライマリーナーシングを行っており入院から退院までを担当できることにやりがいがあります。どうしたら早く回復できるのか、家に帰って充実した生活を行うことができるのかの援助に介入できることに楽しさを感じています。



★今後の目標を教えてください。

★ワーク・ライフ・バランスの充足★

仕事も子育ても充足させていきたいと思います。



★座右の銘はありますか?

★何事にも一生懸命!★

何事にも一生懸命取り組みたいと思っています。






◆ 南港病院 回復期リハビリテーション病棟 看護師 大西さん
2019年6月 南港病院入職

★入職を決めたきっかけは?

高校生の時、医療職に就きたいと考えていたところ担任の先生から、責任感があり優しいということで自分の性格に合う看護師を勧められました。調べていく上でこれからの日本には必要な仕事であり変化もあるため一生能力や人間性を高めることのできることに魅力を持ち希望しました。



★現在の仕事の内容ややりがいを教えてください。

仕事内容は急性期病棟からの治療を終え、住み慣れた地域やご自宅で自立した生活が送ることが出来るように医師・セラピスト・介護士・ケアマネジャー・家族とコミュニケーションをとり退院に向けて看護の視点で問題を解決しています。責任重大ですが、日々目に見えて症状やADLが良くなり笑顔で帰っていかれることにとてもやりがいを感じます。



★今後の目標を教えてください。

★その方らしい納得のいく退院の日が迎える事が出来るように★

認知症の認定看護師を目指しています。現在日本では高齢化が進んでおり、認知症も増加傾向です。物忘れに対する知識は今後さらに必要であり、需要があると考えます。今後・経験を積んで取得していきたいです。 現在は、当院で積極的に取り入れされている患者さまに対応するユマニチュードというスキルを勉強しています。



★座右の銘はありますか?

★笑う門には福来る★

笑顔には自分や周りの人を幸せにする効果があると思います。実際にストレスの軽減や免疫力向上など健康にも良い事が多いようです。当院の理念も「笑顔で素晴らしい対応と優しさ」とされています。これからも笑顔を大切にして、自分の周りの人達や患者様を支えていきたいです。



回復期リハビリテーション病棟 日勤 スタッフナースのスケジュール

南港病院グループでは、働く親御さまの為に、生後半年~2歳児までのお子さまをお預かりする福利厚生の為の施設 企業主導型保育事業を運営しております。
南港病院の目の前に施設があるので、お子さまを安心して預ける事が出来ます。

○スマイルほいくえんの詳細はこちらから
http://kenseikaigroup.or.jp/blog/111.html


一覧へ戻る