新北島中学校での職業紹介。


今回、私は新北島中学校の1年生の方々へ“職業観”、“勤労観”のテーマに沿って、リハビリの仕事を題材に職業紹介をさせて頂きました。

1年生は約160名の生徒で構成されていました。 今回は新聞会社や旅行会社、保育園の先生などの8種の職種が参加。 1ブースに約20名の生徒さんが参加。小グループでの授業のため、近い距離感で関わる事ができたので、個々の意見を引き出せたのではないかと感じています。

内容に関しては
①自分がリハビリ職に就くに至った経緯。
②リハビリの仕事内容の紹介。
③実際に装具や自助具などを使用し体験。
④なりたい職業になるためには。

特に印象的なのが、道具を実際に使用し体験をしている時の反応は良く、やはり日頃、触れていない物に触れている事自体が刺激的で興味をそそったのではないかと思います。
もう一点が、④の内容で20名一人ずつに紙を配布し、夢を書いて頂きました。
声優や美容関係、医者、トリマー、バレーボール選手など各々、たくさんの「夢」が書かれていました。
全体に共通して、今のうちに色々な経験をする事が大切かな、と話させて頂きました。

今回は、自分にとっても良い経験にもなりましたし、生徒のみなさんから得たものも沢山ありました。また、この様な期会があれば、是非参加させて頂きたいと思いましたし、学生さんの未来の選択枝が広がる手助けになればと考えます。