看護師におすすめのストレス発散方法


看護師は肉体面でも精神面でもハードな仕事。

また女性が多いため、人間関係でのトラブルも多いと言われています。

 

そんな激務の中、ストレスに悩まされていませんか?

 

いつも笑顔の看護師でいるためにも、たまってしまったストレスは早めに解消して、リフレッシュすることがとても大切です。

 

 

ストレスと上手に付き合っていくために、看護師におすすめのストレス発散方法を3つお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

1、いいこと日記をつける

医療現場はとてもハードですが、患者様から「ありがとう」と言ってもらったとき、とても幸せな気持ちになりませんか?

そうした小さな「いいこと」を一日の終わりに見直すことで、不思議とストレスが緩和され、明日も頑張ろうという気持ちがおこってきます。

また、日々の小さなことにも幸せを感じることができ、充実した毎日を送れるようになります。

 

 

2、仕事関係のない友達に会う

仕事仲間とストレス発散にショッピングやカラオケに行ったり、おいしいご飯を食べながらおしゃべりをしたり。

もちろん言いたいことを同じ状況の仲間と話すことでスッキリすると思います。

ですが、たまには仕事と全く関係のない友達と会うことで、仕事から完全に切り離されることで頭もリラックスできます。

また、他業種の人と会うことはお互いに新たな気づきがあり、楽しいものです。

 

 

3、良質な「食事」と「睡眠」

やはり食事と睡眠が健康の基本です。

忙しくてなかなか時間が取れないという方は、毎日の食事と睡眠を少し良質にしてみることから始めるのがおススメです。

食事面では、いつもより少しいい食材を買って料理してみる。食事に行ってみる。

睡眠面では、就寝する1時間前には暗めの電気にして、携帯もさわらない。リラックスできる空間にしてストレッチをする。

色々考えられますが、自分にあった方法を試してみるのがいいかもしれませんね。

 

 

おわりに

以上3点をあげましたが、やはり「自分を大切にする」ということが必要です。

業務中は、患者様のことが第一で自分のことは全く気を配れない分、仕事からはなれたときは自分をいたわってあげましょう。

 

自分自身を大切にできる人は、他人のことも大切にできます。

また、自信もつき、心にゆとりも生まれることで、より患者様にとって頼りがいのある看護師になれます。

いい笑顔も自然とあふれるようになります。

 

 

最後になりましたが、南港病院では、スタッフ全員が常に笑顔で働けるような、ストレスレスな職場づくりを目指しています。

「南港病院をえらんでよかった」

患者様だけでなくスタッフにもそう感じてもらえるような、日本一笑顔があふれる職場を一緒に作ってくれる仲間も募集しています。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

南港病院の採用情報をみる