教育理念

三宝会の職員として、豊かな感性と倫理観をもちあらゆる状況においても自信と誇りをもって安心・安全・安楽を提供できる人材を育成します。

教育目的

社会の要請に応じるために、専門職として主体的かつ自発的に学習する態度を養い、科学的根拠に基づいた質の高い看護が提供できる人材を育成する。

教育目標

① 全ての人の健康を笑顔でサポートできる。
② 専門職業人として役割と責任を自覚し行動できる。
③ 専門職業人として質を高め、後輩の指導ができる。
④ 安全管理の視点から看護の知識・技術を高め、事故低減に努められる。
⑤ 研究的思考をもって、日々の業務を通し看護の独自性を探求することができる。

新人教育は、プリセプターを中心にすべてのスタッフが関わり成長をサポートします。入職時に1年後の自分がどうなっていたいか目標を立ててもらいます。
クリニカルラダーについて
  • クリニカルラダーは「看護の質の向上」を目的に、臨床ナース一人ひとりが臨床における看護実践能力を高められるよう支援していくシステムです。看護実践能力は、基礎教育で学習した知識・技術をもとに、実際に臨床で経験する中で知識を積み重ね、レベルⅠからレベルⅣまで看護実践能力を高めていくシステムです。
  • 看護体験を通して各自の実践能力を認識することを重視し、それぞれの個性的な能力を尊重します。発達モデルのレベルは優劣をつけるというという捉え方でなく、能力を獲得していく過程の方向と捉えます。
  • ラダーレベルⅤ(看護管理)M
    知識・経験により状況を総合的に把握し
    問題解決の判断を適切に選択し実施できる
  • ラダーレベルⅳ(エキスパートナース)E
    専門性を発揮し創造的な看護が展開できる。
    専門性を追求し、組織的な役割が遂行できるとともに
    スタッフの模範となる
  • ラダーレベルⅢ(中堅)J
    看護実践のモデルとなり、リーダーシップを発揮し、
    教育的活動ができる
  • ラダーレベルⅡ(一人前)F2
    自立した看護実践が行え、
    チームメンバーの役割を果たすことができる
  • ラダーレベルⅠ(初心者~新人)F1指導を受けながら
    安全、確実な看護ができる