看護師になってよかった~充実、感動、達成感を感じる時~


看護師はつらいこともあります。

悔しい思いをすることもあります。

自分には向いていない。

時にはそう思うこともあるでしょう。

 

しかし、「看護師になってよかった」

そう心から思う瞬間は、何にも代えられず、

看護師という職のすばらしさを実感します。

 

今日は看護師になってよかった、と実感する瞬間を3つご紹介します。

 

 

 

1、「ありがとう」と感謝されたとき。

 

つらいときにずっとよりそってくれてありがとう。

話を聞いてくれて、気持ちを分かってくれてありがとう。

時には厳しくサポートしてくれてありがとう。

向き合ってくれてありがとう。

 

さまざまな「ありがとう」があります。

 

この「ありがとう」という一言に、患者様のすべての想いがつまっている

 

そう分かるからこそ、今までの苦労や悩みなんて一瞬で吹き飛んでしまい、

 

「本当に看護師になってよかった。」と心から思えます。

 

この言葉を聞くために働いている、といっても過言ではないのではないでしょうか。

 

 

2、病気からの快復を実感した時。

 

どうしたら病状が快復するのか、少しでもよくなるのか。

本気で患者様のことを考え、サポートしているからこそ、患者様の快復を見ると

「よかった」という安心と達成感を感じることができます。

 

自分が患者様の病気の快復に手助けすることができる。

 

みんなができることではありません。

 

看護師として毎日試行錯誤し、患者様の気持ちによりそってサポートしているからこそできることです。

 

だからこそ、今までの努力が見える形で現れると、

「頑張ってよかった」「看護師になってよかった」

と思えます。

 

 

3、人から心から頼られ、信頼される

 

看護師は、患者様の身体だけでなく、心にもよりそいます

 

最初はなかなか心を開いてくれなかった患者様も、少しずつ心を開いて自分のことを信頼してくれる。悩みを打ち明けてくれる。提案を受け入れてくれる。

 

その瞬間は、本当にうれしいものです。

 

看護師としてだけではなく、人としての成長も感じることができます。

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

看護師はつらいこともありますが、それ以上に喜びが多い職業です。

 

当院は、その喜びをより感じられるように働きやすい職場づくりをしています。

 

大阪の地域医療をともに支えていける仲間を募集していますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

私たちと一緒に、看護師としての喜びを感じましょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

南港病院の求人情報はこちら