診療部門…内科

Contents

南港病院とクリニックに関して

私どもは「外来患者様に良質なホスピタリティを」という考えのもと、さまざまな工夫をしてまいりました。

  • ①診察にこられた患者様には、お名前は呼ばずに番号札をお渡しして番号でお呼びすることにしています。
    診察の順番を知ることができプライバシーを保っていただくための工夫です。
    番号札を使い始めてから患者様の取り違えが減少致しました。
  • ②呼び出しにはマイクは使わず職員がおそばに行き、患者様を診察室にお連れいたします。
    待合室を静かに保つ工夫です。
  • ③待合室にはアロマオイルを使い、さわやかな空気で清潔を保つようにしております。

しかし出血や痛みを訴える外傷などの救急患者様も多いため、通院患者様の満足度は低いものであったと思います。最近では電動車椅子や、介助者と診察に来られるかたなどが増え、待合室が混雑してご迷惑をかけることもありました。これらの問題を解決するため、隣接地に一般外来や通院専門のクリニックを作り、病院は高度な検査や入院・救急対応に特化しようという構想がありました。この構想が現実のものとなることで、待合室の混雑が少なくなるなどが期待できます。患者様がより満足していただければ何よりの喜びです。


クリニック院長からの挨拶

南港通り沿いの病院に隣接するビルの一階に、南港病院内科外来部門が南港クリニックとして独立開院することになり、院長(責任者・管理医師)に任命されました。
病院とクリニックの両方をご利用された場合には、受付と支払いを別々にしなければならないという不都合がありますが、共有スペースが広くなったと考えていただきたいと思います。
電子カルテやオーダリングシステムなどによる近代的な情報処理を目指しており診療後の待ち時間短縮などが期待できるものと思います。
クリニックではあらゆる内科疾患の診断治療をいたしますが、増加傾向にあり社会問題化している生活習慣病の予防にも力をいれたいと思っています。南港病院ともどもいままでとかわらずご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。


診療内科のご案内

一般内科
(消化・呼吸器)
一般内科:一般的なよくある病気(感冒、肺炎、インフルエンザ、腹痛、胃炎胃潰瘍など)への対応はもちろん、高脂血症(高コレステロール血症)、腎臓病、甲状腺疾患、その他の内分泌疾患にも、多くの経験があります。
循環器内科高血圧、心臓病(狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心不全、不整脈など)の診断治療を行います。ワーファリン抗凝固の管理や術後の管理なども行っています。
予防接種インフルエンザ、肺炎球菌ワクチンなど

診療内科・専門外来のご案内

心療内科のご案内

乳癌患者さんの抗がん剤治療を多数経験し、つらい治療を継続するためには、患者さんの体だけではなく心も支える大切さを学びました。
生活習慣病では一生涯治療の継続が必要であり、投薬だけではなく生活習慣の改善が必要です。
禁煙や食事、運動習慣など生活の変容を促すためには心療内科的手法が必要と思い、研修して心療内科学会認定医となりました。
最近では住之江区役所や住之江郵便局の産業医としてメンタルヘルスに取り組んでいます。日常外来や救急外来では、うつ病やパニック、不安神経症などの患者さんの相談治療に応じています。

1:睡眠時無呼吸症候群など睡眠障害外来、ターミナ ルケア目的の外来、認知症ケアの外来を行っています。 心療内科外来では、ご自身が医療者に伝えたいことを、ご自身に記 述していただきます。
外来では、薬物療法だけではなく、エゴグラムと交流分析、自律訓 練法、絵本セラピーを中心として、患者さんの自身の気づきや成長のアシストをしたいと思っています。
全てのスタッフで癒しと傾聴を実践していきたいと思っています。

2:高血圧や糖尿病、骨粗鬆症など生活習慣病の臨床 治験に参加ご希望の方はぜひともご連絡ください。

専門外来のご案内

当院では専門外来を行っています。どうぞご利用下さい。

  • ○肥満症専門外来
  • ○乳腺外来
  • ○禁煙外来
  • ○皮膚科外来
  • ○泌尿器科外来