診療協力部門

【診療協力部門からのお知らせ】

【薬剤科】
調剤監査、薬の管理、保管、用法用量を確かめて患者様に提供します。

安全で高品質のお薬を笑顔と共に提供する

医師や看護師のニーズに臨機応変に対応、サポートすることで間接的に患者様のお役に立ちたい

三宝会が患者様・利用者様に提供する薬の総合管理運用センター。

薬剤師の業務内容は調剤をはじめ薬剤管理指導や麻薬・向精神薬・毒薬管理、在庫管理、医師・看護師への情報提供など多彩です。

当薬剤科の目標は患者様に安全で高品質のお薬を笑顔と共に提供すること。
加えて、医師や看護師のニーズに臨機応変に対応、サポートすることで間接的に患者様のお役に立ちたいと願っています。

また、常に薬剤科の全ての業務の合理化・透明化を促進する手順改良を通じて、理想の薬剤科構築を目指します。


【放射線科】
レントゲンと、外来の整形外科のオーダーを受けます。

現場スタッフ全員で、やさしさを持って、すばらしい対応を

病気などで苦しい想いをされている患者様に、少しでも気持ちの良い時間を過ごしてもらえるように

いつでも、すぐに、こころから、患者様の身になって対応します。
患者様、利用者様に最高のおもてなしを提供し、病気やけがの方のサポートをしていきます。

病気などで苦しい想いをされている患者様に、少しでも気持ちの良い時間を過ごしてもらえるように、大きな病院のような、無機質な対応をしないよう心がけております。
そして医師から現場スタッフ全員で、やさしさを持って、すばらしい対応を出来るよう努めています。


【検査科】

患者様の検査データと
真摯に向き合う

診断の手助けとなるデータをきっちり出せるよう

エコー検査や血液検査から得られる患者様の検査データと真摯に向き合い診断の手助けとなるデータをきっちり出せるよう日々頑張っています。
多岐にわたる業務を少人数で行っていますがそれゆえに、日々の業務を総合的に把握することができます。 この点が当院検査科の強みだと思っています。


【リハビリテーション科】
術後の機能回復、入院患者様のリハビリテーションを行います。

自立度の高い生活が送れるように支えとなる

地域に根ざしたリハビリテーションを

当院のリハビリテーション科は理学療法、作業療法、言語聴覚の各療法士により、急性期・回復期・維持期の入院リハ、退院後のアフターフォローとして、外来でのフォロー、通院が困難な方のために在宅での訪問看護からのリハビリテーション指導または、送迎による通所リハビリテーション等、地域に根ざしたリハビリテーションを行っております。

超高齢化社会の中、可能な限り自立度の高い生活が送れるように支えとなり、患者様の生活の質の向上を目的としてアプローチしていきます。


【通所リハビリテーション科】
慢性期、通院が自力で難しい方、要介護、40歳以上の通所リハビリステーションを行っています。

自ら「運動したい」と思える環境と、
細やかなサポートを。

なかなか自分で運動が出来ない方が、みんながいる環境で運動をすることができます。

退院後、ご自分で通院が難しい方で、要介護認定を受けられた、40歳以上の方々を対象に通所リハビリテーションを行っております。
ご自分だけで、運動されることが難しい方が、ご自宅で生活していかれる中で、要介護者またはご高齢の方々はご自分で運動することが難しいと思いますが、運動に適した環境を提供することで、運動意欲が向上していきます。
さらに外出していく機会が少ない方、入浴・食事のサービスの提供はいらないが、運動だけは続けて行きたい方や退院後、引き継ぎ運動をされたい方が、サービスを利用されております。
病院と併設している為、急な体調の変化にも速やかに対応できます。


【栄養科】

さまざまな職種と協力しながら、
利用者様の在宅生活をサポート。

地域のクリニック・医院と連携し、利用者様のご自宅まで出向いて栄養指導、調理相談などを行っています。

NST(栄養サポートチーム)認定施設

当院ではNSTを立ち上げており、2010年10月から日本病態栄養学会の栄養管理・NST実施施設の認定、2013年4月から日本栄養療法推進協議会のNST稼動施設認定を受けています。NSTでは栄養面で問題のある患者様を、医師を中心とした多職種が介入し、共に患者様の病状・栄養改善を目指し日々研鑽を重ねております。

入院・外来個別栄養指導

当院に入院された全患者様に対する栄養アセスメント・相談や、生活習慣病に対する栄養指導を行っています。また外来でも医師のオーダーに基づいて(糖尿病・腎臓病・肝臓病・脂質異常症・貧血・心臓病・高度肥満症など)積極的に健康づくりに関与しています。

在宅訪問栄養指導

地域のクリニック・医院と連携し、利用者様のご自宅まで出向いて栄養指導、調理相談などを行っています。ケアマネジャーやホームヘルパーとも連携し、関わっているさまざまな職種と協力しながら、利用者様の在宅生活をサポートしています。