医療従事者の方へ

地域連携について

南港病院が所在する大阪市住之江区は人口13万人、65歳以上の高齢者が26%の地域です。地域での高齢化も年々進み、それに応じた医療体制が望まれています。

当院は、病診連携・病病連携として近隣の診療所・病院・高齢者施設からの転入院の積極的な受け入れをしており、入所者の発病に際しては入院加療等にて,再入所を図っています、入院加療によってADLが低下する高齢者様は多く、そのままでは再入所できない症例もあるため、リハビリテーションの積極的な活用により、紹介元への退院を心掛けています。

また、在宅医療にも力を入れており、同法人のケアプランセンター、訪問看護ステーション、訪問介護ステーション、外来リハビリテーション、通所リハビリテーションとの連携を図り、退院後も住み慣れたご家庭で安心して快適な在宅療養が継続できるよう、地域医療の充実に努めています。

医療相談について

患者様、ご家族への直接的な個別援助では、面接を重視するとともに、患者様、ご家族との信頼関係を基礎としつつ、医療相談員の認識やそれに基づく援助が患者様、ご家族の意思を適切に反映するものであるかについて、継続的なアセスメントをしていきます。

当院の受付にてお尋ね頂くか、06-66685-8801(代表)にお電話をいただければ、ご相談をお受けいたします。

お問い合わせ先 地域連携室・担当者まで
TEL:06-6685-8801(代表) FAX:06-6685-8684